ひらや研究室

  • #ひらや研究室

    アクセントクロスはいらないR3.4.10

    最近、一部の壁のクロスを変えるのが流行っています。 確かに出来たばかりの家で何もない状態では、アクセントが有っていいと思います。 しかしそこに家具が置かれるとどうなるのでしょうか? アクセントクロスは、どうしても少し特徴 […]

  • #ひらや研究室

    空き家はいらないR3.4.4

    私の事務所がある生野屋は、約50年前に出来た古い住宅団地が有ります。 そこにはたくさんの空き家があります。 そこで私は空き家を調べ、数十件の相続人に「空き家を売りませんか?」と手紙を送りました。そうすると宛先不明で手紙が […]

  • #ひらや研究室

    こんな市はいらない

    今周南市では、自由に家が建てられない土地がたくさん出ているようです。 それは、がけ条例という家を建てるときの建築基準条例です。 隣地に高さ2mを超えるがけがある土地は、がけの高さの2倍以上離して家を建てなければならないと […]

  • #ひらや研究室

    調整区域はいらないR3.3.21

    家はどこでも建てられる訳ではありません。 私の事務所のある生野屋地区では、アルクの少し先から東陽団地の間と私の事務所の裏側の岩徳線の踏切追所当たりから、新しくできた花岡児童の家当たりまで市街化調整区域と言って一般の方は家 […]

  • #ひらや研究室

    クローズド工法はいらないR3.3.14

    家の建て方として、一般的な木造軸組工法や2×4工法と大手住宅メーカーが採用するプレハブ工法が有ります。 一般に木造住宅、木造軸組工法や2×4工法をオープン工法といい、プレハブ工法をクローズド工法といいます。 この2つの工 […]

  • #ひらや研究室

    ブームはいらないR3.3.7

    今平屋がブームになっています。 確かに新築中の現場を見ると、平屋がたくさん建っています。 これはこの地域だけと思っていたら、全国的に平屋が建っているのです。 なぜこのように平屋が建ち始めたのでしょうか? やはり住みやすい […]

  • #ひらや研究室

    尺モジュールはいらないR3.2.21

    昔は、狭間又は江戸間(910mm)・中間間(955mm)・本間(980mm)と言って家の基本となる寸法(モジュール)として使われていました。 今は、メーター(1000mm)モジュールと尺(910mm)モジュールの二種類に […]

  • #ひらや研究室

    頭金はいらないR3.2.14

    昔は、住宅ローンを組む時2割の頭金が必要でした。 それは最低でも、建築会社の利益が2割以上建物に乗っているので、8割くらいしか担保価値が無いと銀行は考えていたからです。 昔は物にお金を貸していたのです。 今は人にお金を貸 […]

  • #ひらや研究室

    値引きはいらないR3.2.7

    家づくりには多大のお金がかかります。 我々中小工務店と大手住宅メーカーでは、同じような家でも500~1000万円位価格の差が出ます。 それは、広告宣伝費や人件費など桁違いに経費が掛かっているから高くなるのです。 大手住宅 […]

  • #ひらや研究室

    二階はいらないR3.1.31

    私が16年前に”平家工房みとも”としてスタートした時、世間では新築イコール二階建てでした。それが平屋専門と広告し始めたら「なに!今時平屋?」という見方をされていました。 しかし、今はどうでしょうか「平屋がいいね」に変わっ […]